スキンケア・肌トラブル:バストアップ,脚やせ,美肌,ダイエット【美ブログ】

スポンサード リンク






スポンサードリンク

【肌トラブル】 しみ


30歳を過ぎたあたりから、女性の頬や目のまわり、額などに濃淡のムラがある淡い褐色の色素沈着が目立つようになってきます。

これが、世の女性の悩みの種「しみ」です。

「肝斑(かんぱん)」と呼ばれることもありますが、肝臓疾患と関係があるわけではありません。ちょうど蝶が羽根を広げたみたいに左右の頬にかけて広がります。

原因は不明なのですが、ホルモンの異常と関係していると言われることが多いみたいです。妊娠、月経不順や更年期、または卵巣腫瘍なんかが原因となることもあるようです。また「経口避妊薬」の使用が原因ではないかという説などもあります。
妊娠にともなうものだとしたら、分娩後に消えますので安心してよいと思います。
直射日光にあたると、症状を誘発したり、悪化させたりすることがあるので、外に出る際には注意が必要です。紫外線は厳重に避けましょう。帽子やサングラスなど、ファンデーション、日焼け止めのクリームは、欠かさずつけるようにしてください。日焼けどめクリームは、1日2回はつけるようにしたほうがよいでしょう。

残念ながら、「特効薬」といったものはありません。
ただし弱い副腎皮質ホルモン外用薬や、ハイドロキノンクリームを使います。ビタミンC、Eを服用することもあります。漢方薬治療なども有効とされています。

女性にとって、肌トラブルの最大のもののひとつとも言える「しみ」。
年齢を重ねるにつれて増えてくる「しみ」と「しわ」ほど、女性の心を悩ますものはないかもしれません。しみの治療は根気が必要になります。「現状より悪化させない!」と心掛けて、辛抱強く続けていきましょう。



【肌トラブル・スキンケア】 化粧水と乳液


肌トラブルの原因の多くは、毛穴につまった汚れだといわれます。
ですので、洗浄は、スキンケアの非常に重要な基本になります。
しかしこの洗浄によって、人間の肌が本来持っている、うるおいや天然の保護膜としての成分までもが取り除かれてしまうことがあります。
洗顔後にお肌がつっぱった感じがしたり、入浴のあとなどに肌がカサカサする、かゆみがある、などといった症状になることがあります。

洗顔後の角層をみてみると、水分がたっぷりと含まれた状態にあります。しかし、この水分は20分くらいでどんどん蒸発していってしまうのです。乾燥しやすい時期や、エアコンがきいている室内などでは、特に蒸発しやすくなります。普段から肌が乾燥しがちな人は、特に注意が必要でしょう。

したがって出来る限り早いうちに、肌を保湿してあげることが必要です。化粧水や乳液を使って外から補ってあげるのです。
化粧水は水分と保湿成分を補給し、肌のきめを整えてくれる役割をします。そのあとに乳液をつけます。乳液は、肌に水分や油分、保湿成分を補う効果があります。また、肌の表面に乳化膜を作って肌から水分が蒸発しないようにする役割があり、お肌の潤いバランスを保つのに重要な役割をしてくれます。

さきほど、「洗顔後、20分程度で角層の水分が蒸発してしまう」と書きました。
ということは、化粧水と乳液による保湿ケアは、その前に、〜10分以内を目安に行うことが必要となります。

化粧水と乳液は、洗面台やお風呂場の脱衣所などに置いておいて、洗顔後や入浴後はすぐにつけることを習慣にすると良いですね。


 

スキンケアの基本「洗浄」

スキンケアの基本は、何といっても「洗浄」です。
肌にとって不要なもの、「汚れ」をきちんと落とすことです。
それによってほとんどの肌トラブルが解消されることもあるほど、非常に大切なことです。しかし、この「肌にとって不要なもの(汚れ)」というのが、実は難しいんです。肌の洗浄を念入りに行おう、と思うあまり、本当は「肌にとって必要なもの」までもいっしょに洗い落としてしまっている可能性があるんです。

例えば、洗顔後に肌がつっぱるような感じがすることはないですか?
お風呂に入ったあと、またはシャワーを浴びたあとなどに、皮膚がカサカサしてかゆみを感じたりすることはないでしょうか? 
これは洗浄料によって、肌の汚れや古い角質層、不要な皮脂などの肌に不要なものだけでなく、肌にとって必要な「潤い」までも洗い流してしまっているからです。

人間の肌というものには、血管以外に皮脂を分泌する皮脂腺と、汗腺があります。そしてそれらは「皮脂膜」でおおわれています。「皮脂膜」というのは、皮脂腺から分泌される皮脂と汗が交じり合ってできたもののことです。角層という皮膚のもっと深くにある層からの水分の蒸発を防ぐ、天然の保護膜としての役割をしています。

そしてこの皮脂膜の下に、角層や天然保湿因子、角層細胞間脂質などがあります。

「角層」というのは、角層細胞が重なりあった層のことで、皮脂膜同様、天然の防御膜の役割をはたしています。
「天然保湿因子」とは、肌が作り出す水溶性のアミノ酸、塩類のことで、水分を捕まえて離さない性質をもっています。
そして、「角層細胞間脂質」とは、角層細胞と角層細胞の間を埋めている脂のことです。これも角層の水分を保持し、うるおいを保つ働きをしてくれるものです。
このように、もともと人間の皮膚には、「うるおい」を保つ働きが備わっているのです。したがって、これらを取り除かないよう、かつ、「汚れ」をしっかりと落とすことが大切なのです。



 

肌に良い栄養は?A−それぞれの栄養素の効果

肌トラブル

前回の肌に良い栄養素の続きで、
それぞれの栄養の働きについて
見ていこうと思います。


【ビタミンB2】
皮膚や爪、それに髪を健康に保つ働きがある。
成長促進、老化、動脈硬化、ガンの誘因となる過酸化脂質の生成を抑える作用をもつ優れた栄養素です。
不足すると、口唇炎、広角炎、舌炎、それと脂漏性皮膚炎の原因となります。
レバー、うなぎ、強化米、焼き海苔などがビタミンB2を多く含む食品の代表例です。


【ビタミンB6】
これは、たんぱく質の代謝に関係するビタミンです。
皮膚・髪・歯を健康に保つのに不可欠です。
成長促進や脂質代謝、それとヘモグロビンの合成にも関係します。


【ビタミンC】
コレーゲンの合成、細胞結合組織を助けます。
皮膚、粘膜、血管、骨を強くするのに役立ちます。


【ビタミンA】
がんの予防で有名ですね。
皮膚や粘膜の機能を維持する効果があります。


各栄養素の働きをふまえて、効率良く摂取するよう心掛けたいですね。


 


肌トラブル:肌に良い栄養は?

自分のの身体というのは、
良くも悪くも、自分が食べた物で
できています。
肌トラブルの原因には様々なものがあります。
原因不明の場合も結構多いかと思います。

自分で出来ることの一つとして、
肌トラブルに対し、「強い肌」を
目指してみてはいかがでしょう。

体内から、つまり自分が食べる物で、肌を強くするのに必要な栄養素を多く含んでいるものを積極的に摂るのです。

まずは、やっぱりビタミン。微量でも強力な働きをしてくれます。
その中でも皮膚や粘膜を強くして、肌トラブル・しわに効果があるといわれているのは、ビタミンB2・B6、ビタミンC、ビタミンA・ビタミンKです。


次回は、それぞれのビタミンの働きなどについて見ていきたいと思います。良かったら、また訪問して下さいね^^


 

肌トラブル / スキンケアの基本

スキンケアの基本

肌トラブルで悩んでいる方は、
女性だけに限らず非常に
増えてきているようです。

肌トラブルの原因には
様々なものがあります。

そして、その対処方法も、
原因によって違ってきます。

ただ、スキンケアの基本である、
1.洗浄
2.保湿
3.紫外線対策
をしっかりと実践することでかなりの肌トラブルを予防できます。
また、仮に肌トラブルを起こしてしまったとしても比較的軽くすることができるようです。


では、スキンケアの基本をそれぞれ確認しておきましょう。

1.洗浄
肌を清潔にすることですね。
肌にとって不要なものである「汚れ」をしっかりと落とすこと。
「汚れ」には、油性のものと水溶性のものがあります。
例えば、女性の顔の汚れだと、ファンデーションなどの汚れは油性の汚れです。一方、古くなった角層(いわゆる「垢」)の 汚れは、水溶性の汚れです。
油性の汚れと水溶性の汚れでは、性質が異なります。
油性の汚れに対しては専用の洗浄料を用います。クレンジングなどです。
一方、水溶性の汚れは一般の洗浄料、つまり石けん類で落とすことができます。


2.保湿
保湿は、肌のうるおいを保つことです。
特に保湿が必要なのは、洗顔後です。
洗浄料は、確かに肌に不要な「汚れ」を落としてくれますが、それと同時に、肌に必要な潤いまでも取り除いてしまうからです。


3.紫外線対策
紫外線による皮膚への影響については、美容だけではなく、健康面からもますます注目されつつあります。
スポンサード リンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。